教誨師

 

 

f:id:amucori00:20181106182019j:plain

 

 


大杉漣さん最後の主演作『教誨師(きょうかいし)』予告編

 

kyoukaishi-movie.com

 

教誨師とは

刑務所や少年院等の矯正施設において、被収容者の宗教上の希望に応じ、所属する宗教・宗派の教義に基づいた宗教教誨活動(宗教行事、礼拝、面接、講話等)を行う民間の篤志の宗教家である。
平成29年末現在の矯正施設における教誨師の人数は約2,000名であり、そのうち仏教系が約66パーセント、キリスト教系が約14パーセント、神道系が約11パーセント、諸教が約8パーセントとなっている。

 

STORY

プロテスタントの牧師、佐伯保(大杉漣)。彼は教誨師として月に2回拘置所を訪れ、一癖も二癖もある死刑囚と面会する。無言を貫き、佐伯の問いにも一切応えようとしない鈴木(古舘寛治)。気のよいヤクザの組長、吉田(光石研)。年老いたホームレス、進藤(五頭岳夫)。よくしゃべる関西出身の中年女性、野口(烏丸せつこ)。面会にも来ない我が子を思い続ける気弱な小川(小川登)。そして大量殺人者の若者、高宮(玉置玲央)。佐伯は、彼らが自らの罪をしっかりと見つめ、悔い改めることで残り少ない“ 生” を充実したものにできるよう、そして心安らかに“ 死” を迎えられるよう、親身になって彼らの話を聞き、聖書の言葉を伝える。しかしなかなか思い通りにはいかず、意図せずして相手を怒らせてしまったり、いつまで経っても心を開いてもらえなかったり、苦難の日々が繰り返される。それでも少しずつ死刑囚の心にも変化が見られるものの、高宮だけは常に社会に対する不満をぶちまけ、佐伯に対しても一貫して攻撃的な態度をとり続ける。死刑囚たちと真剣に向き合うことで、長い間封印してきた過去に思いを馳せ、自分の人生とも向き合うようになる佐伯。そんな中、ついにある受刑者に死刑執行の命が下される……。

 

 

まず

感情が追いつかなかった。

 

大杉漣さんの演技に言葉が出ない、、

命を削ってこの役を演じていた。

鳥肌が立った。

 

特に高宮死刑囚に最後説いていた話。

 

「神とかもうどうでもいいじゃないですか。牧師失格でしょうね」と。

死を目前にしている死刑囚の心の穴を見つめる作業。

 

逃げられないです。

逃げられるはずもない

 

それをじっと逃げずに穴を見つめる。

 

 

主人公佐伯保が教誨師になった背景も。

 

 

佐伯『誰の命も奪ってはいけないんですよ』

 

高宮『じゃあ死刑は?』