ボタニカル・ライフ- 植物生活-

 

f:id:amucori00:20180629001559j:plain

 

いとうせいこうさんの著書が面白い。

ドラマ植物男子ベランダーから原作へと興味を抱いたけれど、この本を手に喫茶店へ入ると時間が驚くほど早く感じる。それだけ自分はいま植物に夢中なのだった。

 

www.nhk.or.jp

 

都会のベランダで自分勝手に植物を育てるバツイチの中年男“ベランダー”の、“ボタニカル・ハードボイルドライフ”を描いたドラマ「植物男子ベランダー」。

 

 


せいこうさんの文章は気さくだ。

語尾に「〜してやがる」とつける文句がとにかく好きで笑ってしまう。

 

ベランダーとりあえず10の掟

1 いい加減に愛したい

2 枯れるのは置き場所のせいだと信じるべし

3 隣のベランダに土を掃き出すなかれ

4 捨てられていたら拾え

5 食後は植えられる種を探すべし

6 水さえやっときゃなんとかなる

7 隙間家具より隙間鉢

8 観察力で独断せよ

9 ばあさんが情報源

10狭さは知恵の泉なり

 

 

それに失敗をもろともせず
果敢に植物と向き合うさまは
読んでいてワクワクする。

そして、自分もまた
「そう!そう!」なんて頷きながら読んで喫茶店を去る。

 

あの植物は花期を過ぎるとこうだからとか、枯らしてしまった理由はなんだろうかと考えて日にちが経って、、

植物をこんなにまで愛せるのは
兎にも角にもうちの母からの影響である。

 

f:id:amucori00:20180628083041j:plain