Jean-Marc Vallée

 

ジャンマルクヴァレも

どれも好きで実話を題材にしたものが多く

共感できるところもたくさんある。

喪失とどう向き合うかというテーマにおいて

この3作は共通している。

 

 

1963年3月9日[3]ケベック州モントリオールに生まれる[4]ケベック大学モントリオール校で映画を学んだ[5]

1995年、『Liste Noire』で長編映画監督デビュー[6]。2005年、『C.R.A.Z.Y.』がトロント国際映画祭で上映される[7]。2009年、エミリー・ブラント主演の『ヴィクトリア女王 世紀の愛』を監督する[8]。2011年、『カフェ・ド・フロール』を監督する[9]。2013年、『ダラス・バイヤーズクラブ』がトロント国際映画祭でプレミア上映される[10]。2014年、リース・ウィザースプーン主演の『わたしに会うまでの1600キロ』がテルライド映画祭に出品された[11]

ジャン=マルク・ヴァレ - Wikipedia

 

 


ジェイクの解放と狂気のキレキレダンス/映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』本編映像

 

"心の修理は車の修理と同じことだ まずは 分解しろ "

すべてを壊して再生に向かう
自分の心情にも似ているから染みる。思い返したようにまた観ると思う

 

 

 

「このキャラクターはある意味僕に近いと思う。彼が経験したようなことを、僕は体験していないから、確信は持てないけどね。でもここ何年も自分とは遠いキャラクターを演じてきて、今回の役は比較的似ていると感じている。僕はいつも役の中に自分らしさを探すように意識しているんだ。人間は、美しく、愛情深く、残忍で、思慮深く、無思慮で、無神経で、繊細な側面をすべて持ち合わせていると僕は信じている。すべてを受け入れて、そしてその役に必要な顔を適用すればいいと思っているんだ。」

壊れかけのジェイク・ギレンホールがいい感じ--ジャン=マルク・ヴァレ監督の待望の最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』 - シネフィル - 映画好きによる映画好きのためのWebマガジン

 

 


Half Moon Run - Warmest Regards

 

 

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う [Blu-ray]

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う [Blu-ray]

 
雨の日は会えない、晴れた日は君を想う [DVD]

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う [DVD]

 

 

 


『わたしに会うまでの1600キロ』予告編

 

 

 

わたしに会うまでの1600キロ

わたしに会うまでの1600キロ

 

 

 


映画『ダラス・バイヤーズクラブ』予告編

 

 

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]