L'Illusionniste

 

 

f:id:amucori00:20180126175232j:plain

こういう話があるから

映画を観るのはやめられない。

 

イリュージョニスト』(仏題L'Illusionniste英題The Illusionist)は、シルヴァン・ショメ監督による2010年アニメーション映画である。ジャック・タチ監督が生前に執筆した脚本を、ショメ監督が脚色した。

1950年代のヨーロッパ。旅から旅の生活をしながら各地の劇場等で興行する時代遅れの奇術師、タチシェフは、あるときスコットランドの離島にある小さな村の酒場で興行を行う。電気さえほとんど通らない田舎町であったため、時代遅れのタチシェフの手品でも村人からは歓迎される。酒場で働いていた少女、アリスはタチシェフのことを本物の魔法使いだと信じ、島を離れるタチシェフの後をこっそり追い、エディンバラまでついていく。

タチシェフは思わぬ押し掛け家出人の存在に驚きながらも、アリスを追い払わず、エディンバラの安宿に当面の居を定めて同居生活を始める。故郷に残してきた娘の面影をアリスに重ねるタチシェフは、アリスに求められるまま衣服や靴を買い与え、その費用を稼ぐため、劇場での興行の傍ら慣れないアルバイトにも精を出す。

やがて、田舎娘だったアリスがレディに成長していく一方、安宿の仲間だった腹話術師や軽業師は徐々に去っていき、タチシェフもまた、姿を消すべきときが来たことを知るのだった。

イリュージョニスト (2010年の映画) - Wikipedia

 

 

 

 

youtu.be

 

 

イリュージョニスト [Blu-ray]

イリュージョニスト [Blu-ray]

 
ぼくを探しに(字幕版)
 
ベルヴィル・ランデブー [DVD]

ベルヴィル・ランデブー [DVD]