あえかなる部屋 内藤礼と光たち

 

 

 

f:id:amucori00:20180121023541j:plain

 

 

f:id:amucori00:20180119121344j:image

 

" 生きていることは、それ自体、祝福であるのか ー "

涙が出そうになった。

シモーヌ・ヴェイユを弔う内藤礼さんに。

繊細なその感性に。

 


『あえかなる部屋 内藤礼と、光たち』 特報

 

内藤 礼(ないとう れい、1961年 - )は彫刻家。ひそやかで繊細な造形作品と、それを配置し鑑賞する緊張感のある空間からなるインスタレーション作品などを作成。

内藤礼 - Wikipedia より

 

f:id:amucori00:20180121024205j:plain 

『地上はどんなところだったか』より

 

 

O KU 内藤礼|地上はどんなところだったか

O KU 内藤礼|地上はどんなところだったか

 
内藤礼|1985-2015 祝福

内藤礼|1985-2015 祝福

 
世界によってみられた夢 (ちくま文庫)

世界によってみられた夢 (ちくま文庫)

 
地上にひとつの場所を

地上にひとつの場所を

 
内藤礼このことを

内藤礼このことを

 
あえかなる部屋 内藤礼と、光たち [DVD]

あえかなる部屋 内藤礼と、光たち [DVD]

 

 

 

f:id:amucori00:20180119121206j:image

 

 

 

f:id:amucori00:20180119121211j:image

 

f:id:amucori00:20180119121231j:image

 

f:id:amucori00:20180119121235j:image

 

 

f:id:amucori00:20180121024527j:plain

シモーヌ・ヴェイユ(ヴェーユ、Simone Weil1909年2月3日 パリフランス - 1943年8月24日 ケント州アシュフォード、イギリス)は、フランスの哲学者である。父はユダヤ系の医師で、数学者のアンドレ・ヴェイユは兄である。

ヴェイユ第二次世界大戦中に英国アシュフォード(ケント)でほぼ無名のまま客死した(享年34)。戦後、残されたノートの一部が知人の編集で箴言集として出版されるとベストセラーになった。その後もあちこちに残されていた膨大な原稿・手紙・ノート類を知人たちが編集・出版するにつれてその深い思索への評価は高まり、何カ国語にも翻訳されるようになった。遺稿は政治思想、歴史論、神学思想、労働哲学、人生論、詩、未完の戯曲、日記、手紙など多岐に渡る。

 シモーヌ・ヴェイユ (哲学者) - Wikipediaより

 

たとえ、歳月を重ねた奮闘努力が、
少しも報われないと思える時でも、

いつの日か、その努力にちょうど
見合うだけの光が、あなたの魂に
みなぎるものです。

 

人間が存在する唯一の目的は、

生きるという闇夜に
火をつけることである。

- Simone Weil -

 

根をもつこと(上) (岩波文庫)

根をもつこと(上) (岩波文庫)

 

 

 

根をもつこと(下) (岩波文庫)

根をもつこと(下) (岩波文庫)