ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

🎞 『 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い 』(Extremely Loud & Incredibly Close)

directed by Stephen Daldry

--------------------------

リトル・ダンサーの監督というだけでもずっと観たかった映画。脚本は『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994年)などを手がけたエリック・ロス

f:id:amucori00:20171025182156j:image

 

 

多くの人が何かや誰かを失って途方に暮れている。あんなことがあったら尚更。

 

宝石店を営むトーマスは、アスペルガー症候群を抱える11歳の息子のオスカーと一緒に「調査探検」という遊びをやり、オスカーに人と関わることを経験させていた。ある日、今まで以上に大規模な調査探検として、ニューヨークに幻の第6区があったとオスカーに話し、オスカーは手がかりの捜索を始めた。

しかし、トーマスをアメリカ同時多発テロ事件により失い、ショックを受けたオスカーは調査探検を中断する。父の死から1年後、オスカーはクローゼットから落ちた青い花瓶の中から鍵を見つけ、その秘密を探るべく、母のリンダと衝突しながらも、鍵が入っていた封筒に書かれた「ブラック」という人物を探すため、ニューヨーク5区をまたぐ472人のブラックの調査探検を再開した。はじめにアビー・ブラックという女性を訪ねるが、夫が去っていく瞬間で手がかりを得ることはできなかった。その後、何人ものブラックという人物を訪ねて回ったが、一向に進展しない。

 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画) - Wikipedia

 


映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」予告編

 

f:id:amucori00:20171025182650j:image

 

f:id:amucori00:20180118221206j:image

 

f:id:amucori00:20180119013400j:image

 

 

鍵穴を探すための旅(調査探検)に必要なもの

-------------------------------------------
必要なサバイバルグッズをリュックに詰めて素早く動けるよう荷物は軽くする。
イスラエル製のガスマスク
(最悪の日の2週間後におばあちゃんがくれた)
・タンバリン
(心を鎮めてくれる)
・双眼鏡
(これは当然)
・調査探検のノート
・パパのパパのカメラ
ホーキング博士のホーキング宇宙を語る(よくパパが読んでくれた)
・携帯
・いちじくのクッキー(僕の大好物)
・鍵(当然だよね)
・パパが残してくれたメッセージ
『 notstop looking(探すのやめない) 』
 

 

 

f:id:amucori00:20171026115429j:image

理解者であるお父さんを失い、鍵穴を見つけることが絆を繋ぐ唯一の手段と言っても過言ではなかったはず。沢山の苦手なことにめげずに大勢の中のブラックさんにたどり着くまで奮闘するオスカー。

 

f:id:amucori00:20171025182809j:image

オスカーの苦手なものリスト

------------------------------------------

*最悪な日から苦手なものが増えた

  • 公共の乗り物(パニックを起こすから)
  • エレベーター
  • 老いたひと
  • 走ってるひと
  • 飛行機
  • 高いビル
  • 閉じ込められるもの
  • 大きな音
  • 悲鳴
  • 泣き声
  • 歯がボロボロのひと
  • 置き去りのカバン
  • 置き去りの靴
  • 親といない子供
  • 鳴り響くもの
  • 煙を出すもの
  • お肉を食べるひと
  • 見上げるひと
  • タワー
  • トンネル
  • スピードが出るもの
  • うるさいもの
  • ライトがあるもの
  • 翼があるもの
  • ブランコ

そしてとくにパニックになるのは橋。

 

f:id:amucori00:20180119013249j:image

 

f:id:amucori00:20180118221320j:image

おじいちゃんとまさかの形で再会もしている。

 

 

誰もが立ち竦んで自分を見失うほどの悲しみを目の前にした時、何も手につかなくなる。でもオスカーは違った。調査探検に夢中になっていた。オスカーが興奮して事情を話す姿に涙が止まらなかったし、電話に出られなかったのを許して欲しいと言った時、こちらまで辛くなった。私も大切な人を亡くした時、胸が裂けるほど苦しく明かりのない部屋で一人泣き続けた。食べることも眠ることもその時はただひとつの行為でしかなくて辛かったのを覚えている。それも含めてこの映画にとても共感した。オスカーは最後に大勢のブラックさんたちに手紙を書くけど、もし自分がブラックという名前で彼から手紙を受け取ったら嬉しくて壁に貼ったり、大事な箱にしまう。あんな出会い方は後にも先にもないだろうから。

 


ものすごくうるさくて、ありえないほど近い トム・ハンクス

 

 アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴を詳しく解説します。【LITALICO発達ナビ】