日記

脱皮

この番組が好きで よく観てます。 今回はこちらのお二人。 「藤井隆×高橋勝大」 バラエティからドラマまで幅広く活躍する藤井隆が、日本のカースタントのレジェンド、高橋勝大と感動の対面。一発勝負の本番にかける精神について語り合う。 カースタントの訓…

Inga Lisa Larson

天気が良くて気持ちがいい。 少し用事を済ませてから展覧会へ。 インガ・リサ・ラーソン(スウェーデン語: Inga Lisa Larson、 1931年 - )はスウェーデンの世界的な陶芸家、デザイナー。有名な彫刻に Small Zoo (1955), ABC-girls (1958), Africa (1964) Ch…

しあわせを生むちいさな種

そうじをして 洗濯をして 野菜の種を植えて ベランダに置く植物をこつこつ 増やしている ベッドカバーも春モノに替えた ちょっとしたことだけど 日常的な作業の中に ワクワクを忍ばせる 体調がよくなってきて リズムの取り方がわかってきたようだ。 現像に出…

ひとりが好きなあなたへ

銀色夏生さんの本は 学生時代によく読んでいた。 詩人のことばは 時に柔らかく、時に鋭い言葉で 寄り添ってくれる。 懐かしくなって 本屋でばったり出会ってしまった 一目惚れの本。 ひとりが好きなあなたへ 私も、ひとりが好きです。 でも、ずっとひとりと…

THE SHAPE OF WATER

棟方志功の展覧会を 母が観たいと言っていたので 来られない母の代わりに美術館へ。 「わだば、ゴッホになる」と言って ゴッホに憧れて油絵に挑戦したり太陽花と名付けたひまわりをオマージュとして描いたり。母は青森の出身なので故郷が同じ芸術家に親しみ…

コーヒー乱歩°

また 谷中にあるこちら。 乱歩へ。 D坂懐かしい。 江戸川乱歩の小説。 好みの装丁は 春陽堂書店、多賀新さんので 独特の不気味な雰囲気が 本の内容にはぴったり。 江戸川乱歩 幻想と猟奇の世界 作者: 多賀新,落合教幸 出版社/メーカー: 春陽堂書店 発売日: 2…

愛玉子(オーギョーチー)と転々

谷中にあるこちら。 台湾のデザートを 食べに行った話。 これが愛玉子(オーギョーチー)というらしい。 レモンシロップが甘い。 クックパッドにもレシピがあったので驚き。 cookpad.com そしてこの映画のロケ地でもあった。 転々(プレビュー) 転々 プレミアム…

情熱大陸 永瀬正敏

ずいぶん前の回でも録画を観たのは何度目だろう。 高校生のときからのファン。永瀬さんが泣いてたシーンでウルっときてしまう。 お祖父さんのカメラ大事そうに抱えていてますます応援したいなと思った。 俳優として幾多の人生を生きた永瀬正敏が「写真家」と…

Valentine's Day

毎年、迷って 結局 自分が食べたいと 思ったものを選ぶ。 チェスの型も本の形をしたケースも クラシックでお洒落。 味も濃厚。 ピアノも可愛くて しばらく眺めてみたり。 甘すぎないチョコレート。 " 惑星の輝き " 宇宙好きにはたまらない。 毎年購入して…

ジュリエット・ビノシュの言葉

映画を観ているとなんて小さくて狭い世界に私は生きているんだろうと思うと同時に作品に出会うたびにそんな狭い世界を広げてくれるから好き 自分の数少ない人生経験では到底知ることのできないことが世の中には山ほどあって私はただその世界の端に触れている…

It's only the end of the world

『 たかが世界の終わり 』 directed by Xavier Dolan ------------------------------------- これが最後だなんて、 僕たちは哀しいくらい 不器用だった。 『たかが世界の終わり』本編映像 グザヴィエ・ドラン監督・脚本・編集による2016年のカナダ・フラン…

ピノキオ

小さい頃 初めて見たディズニー作品は ミッキーでもドナルドでもなく ピノキオだった。 そしてオープニングに流れる 『星に願いを』は いまでも心に深く響く歌。 When You Wish Upon A Star 【ピノキオ】 When you wish upon a starMake no difference who y…

サイバスロンとアウシュビッツ

[テレメンタリー 【2017「不登校の少年画家〜異才たちが 目覚める時〜」】 ]の番組概要ページ - gooテレビ番組(関西版) とても感慨深い内容のドキュメンタリーだった。 異才発掘プロジェクトの海外研修で 扱ったテーマは 『 サイバスロンとアウシュビッツ…