Georgii-Hemming Ingrid Fuzjko

映画『フジコ・ヘミングの時間』予告編 ふじこヘミング 1 fuzjko-movie.com 観てきました。 フジコさんを見ているとうちの祖母を思い出します。 祖母もたくさんの猫に囲まれて生活していたから。 想い出の中で生活するってステキだなぁ。

西の魔女が死んだ

原作も映画も 何年も前に読んで 観ていましたが、 何度観ても良い。 中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあ…

ボタニカル・ライフ- 植物生活-

いとうせいこうさんの著書が面白い。 ドラマ植物男子ベランダーから原作へと興味を抱いたけれど、この本を手に喫茶店へ入ると時間が驚くほど早く感じる。それだけ自分はいま植物に夢中なのだった。 www.nhk.or.jp 都会のベランダで自分勝手に植物を育てるバ…

ワンダー君は太陽

wonder-movie.jp 「外見は変えられなくとも、見る目を変えることはできる」 youtu.be オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザ…

真珠のボタン

全長4600キロ以上に及ぶチリの長い海岸線。 その海の起源はビッグバンのはるか昔まで遡る。 そして海は人類の歴史をも記憶している。 チリ、西パタゴニアの海底でボタンが発見された➖➖ そのボタンは政治犯として殺された人々や、祖国と自由を奪われたパ…

犬ヶ島

待望のウェス・アンダーソン 『犬ヶ島』を観に映画館へ。 『犬ヶ島』日本オリジナル予告編 大切なともだちを探しに 小林少年が犬ヶ島へ。 日本愛に溢れているし 字幕で見たけれど 吹き替えメンバーがすごい。 www.foxmovies-jp.com ウェス・アンダーソン イ…

エタニティ

トラン・アン・ユン監督最新作。 ひとりの女性から始まる3世代の苦悩と喪失を 美しいクラシック音楽と映像美とともに。 セリフより映像美に魅入る。 植物園のようなお屋敷。 上品な洋服に、所作。 まさに上流階級の暮らし。 その中でたくさんの誕生と別れを…

りょう

りょう - Wikipedia 女優になると今度は容姿がコンプレックスとなる。ヒールな役が多いせいか、街であからさまに嫌な顔をされることもしばしばだ。そんななかで転機が訪れたのは99年。映画の塚本晋也監督からオファーがあり、その理由はハッキリと「顔のイン…

石内都さんとキズアト

石内都 - Wikipedia 石内都さんのキズアトという 写真集。 美しい。 キズアト 作者: 石内都 出版社/メーカー: 日本文教出版 発売日: 2005/05 メディア: ハードカバー 購入: 1人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (8件) を見る 病気や事故、戦争などで傷…

In No Great Hurry : 13 lessons in Life with Saul Leiter

ソール・ライターの ドキュメンタリーを観ました。 ソール・ライターの13のルール 1. Cameras2. boxes of couleur (箱のカラー)3. A Legacy (遺す)4. The ways to God(神に至る道)5. Taking Photography Seriously(写真を本気で)6. Staying Still(じっとして…

脱皮

この番組が好きで よく観てます。 今回はこちらのお二人。 「藤井隆×高橋勝大」 バラエティからドラマまで幅広く活躍する藤井隆が、日本のカースタントのレジェンド、高橋勝大と感動の対面。一発勝負の本番にかける精神について語り合う。 カースタントの訓…

Inga Lisa Larson

天気が良くて気持ちがいい。 少し用事を済ませてから展覧会へ。 インガ・リサ・ラーソン(スウェーデン語: Inga Lisa Larson、 1931年 - )はスウェーデンの世界的な陶芸家、デザイナー。有名な彫刻に Small Zoo (1955), ABC-girls (1958), Africa (1964) Ch…

しあわせを生むちいさな種

そうじをして 洗濯をして 野菜の種を植えて ベランダに置く植物をこつこつ 増やしている ベッドカバーも春モノに替えた ちょっとしたことだけど 日常的な作業の中に ワクワクを忍ばせる 体調がよくなってきて リズムの取り方がわかってきたようだ。 現像に出…

『アルベルト・ジャコメッティ 本質を見つめる芸術家』

アルベルト・ジャコメッティ(Alberto Giacometti, 1901年10月10日 - 1966年1月11日)は、スイス出身の20世紀の彫刻家。 ジャコメッティはおもに彫刻家として知られるが、絵画や版画の作品も多い。第二次世界大戦以前にはシュルレアリスムの彫刻家と見なされ…

世界ふれあい街歩き タオルミーナ

TV

絶景あふれる世界的リゾートの街 今回はシチリア島のタオルミーナ。地中海に面した岩山の中腹に広がる旧市街は、まさに絶景の宝庫!ヨーロッパの人々憧れのリゾート地です。ロープウエーに乗って旧市街に着いたら、まずはメインストリートのウンベルト通りへ…

ひとりが好きなあなたへ

銀色夏生さんの本は 学生時代によく読んでいた。 詩人のことばは 時に柔らかく、時に鋭い言葉で 寄り添ってくれる。 懐かしくなって 本屋でばったり出会ってしまった 一目惚れの本。 ひとりが好きなあなたへ 私も、ひとりが好きです。 でも、ずっとひとりと…

PATERSON

やっと見れたよ、パターソン。 『パターソン』(原題:Paterson)は、ジム・ジャームッシュ監督による2016年の映画。アダム・ドライバー、ゴルシフテ・ハラハニ主演。第69回カンヌ国際映画祭オフィシャルコンペティション出品。 日常生活からインスピレーシ…

THE SHAPE OF WATER

棟方志功の展覧会を 母が観たいと言っていたので 来られない母の代わりに美術館へ。 「わだば、ゴッホになる」と言って ゴッホに憧れて油絵に挑戦したり太陽花と名付けたひまわりをオマージュとして描いたり。母は青森の出身なので故郷が同じ芸術家に親しみ…

オリバー・サックスとパーソナル・ソング

オリバー・サックス (Oliver Sacks、1933年7月9日 - 2015年8月30日)は、イギリス[1][2]の神経学者。2007年7月よりコロンビア大学医科大学院教授。自身の扱った患者について記した一般啓蒙書を多く記している。サックスはこれら著作について、19世紀の医学…

『時間を積分したものが人生であり時間を微分したものが今である』

最近こんな映画を観た。 映画『ドリーム』予告A NASAを支えた知られざるヒロインたち。実話に基づく感動のサクセス・ストーリー 1961年、アメリカはソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた。NASAのラングレー研究所には、ロケットの打ち上げに欠かせな…

Jean-Marc Vallée

ジャンマルクヴァレも どれも好きで実話を題材にしたものが多く 共感できるところもたくさんある。 喪失とどう向き合うかというテーマにおいて この3作は共通している。 1963年3月9日[3]、ケベック州モントリオールに生まれる[4]。ケベック大学モントリオー…

今敏的。

今さんを知ったのは パプリカから。 今 敏(こん さとし、1963年10月12日 - 2010年8月24日[1])は、日本のアニメ監督、漫画家。北海道釧路市出身[2](出生地は札幌市)。日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン…

テレンス・マリックの魅力

テレンス・マリックの自然に対する眼差しは純真でそこに高い精神性を感じた。地球を" 母 "と呼び、投げかけるさまざまな問いは 自分にもまた還ってくる問いでもあって フィロソフィーを大切にしているのが窺える トゥ・ザ・ワンダーも天国の日々も ため息が…

person of interest 

面白かったぁ。 何が面白いってAIによる監視社会を舞台にしているから。 今ではどこでも話題になっているAI AIスピーカーとか、AIを搭載した家電製品も売られているし。 面白い反面、怖いなぁと思う。 監視社会は耐えられない。 はじめはマイケル・エマーソ…

コーヒー乱歩°

また 谷中にあるこちら。 乱歩へ。 D坂懐かしい。 江戸川乱歩の小説。 好みの装丁は 春陽堂書店、多賀新さんので 独特の不気味な雰囲気が 本の内容にはぴったり。 江戸川乱歩 幻想と猟奇の世界 作者: 多賀新,落合教幸 出版社/メーカー: 春陽堂書店 発売日: 2…

ネルソンマンデラと黒人差別の歴史

小さい頃、外でよく遊んでいたからか 日焼けで褐色の肌だったので 黒人に憧れていた時期もあった。 いまも何か特別なものを感じる。 ちびくろ・さんぼ 作者: ヘレン・バンナーマン,フランク・ドビアス,光吉夏弥 出版社/メーカー: 瑞雲舎 発売日: 2005/04/15 …

ゴッホ展を振り返る

昨年の9月にゴッホ展へ。 フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ[注釈 1](Vincent Willem van Gogh、1853年3月30日- 1890年7月29日)は、オランダのポスト印象派の画家。 主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代、特にアルル時代(1888年 - 1889年…

ジャムザハウスネイル

絵本を読んでいたら 懐かしいものを思い出した。 癒される。 『ジャム・ザ・ハウスネイル』(英: Jam the HOUSENAIL)は日本のクレイアニメの題名、及びその主人公の名前。「ハウスネイル」とは、背中に家屋(屋根も窓もある)を背負ったカタツムリに似せた…

チネチッタの映画を

チネチッタ(Cinecittà)は、イタリア・ローマ郊外にある映画撮影所。イタリア語で映画を意味するcinemaと都市を意味するcittàを合わせた造語で、原義は「映画都市」。 チネチッタ - Wikipedia クォ・ヴァディス(1951年) ローマの休日(1953年) 映画「ローマ…

ドリス・ヴァン・ノッテン

観に行けた。 もう1度観に行きたいと思うほど刺激を受けた。 庭の手入れが好きな完璧主義で パートナーとは職場恋愛はだめだよね?と言いつつも 職場で出会ったらしい。 ふたりとも暮らしにも手を抜かない。 細部にまでこだわるから 一つひとつ調和のとれた…